メニュー

完全予約制

営業時間 8:00 ~ 18:00

089-957-2770

ブログ

【石手寺の由来】

2017年5月08日

松山市の福祉介護タクシーオープンケアです。
松山市生まれならお馴染みの51番札所石手寺、お遍路の札所としても有名ですが、石手寺の名前に纏わる伝説があります。

▫️石手寺の由来 衛門三郎の物語
昔、伊予の国に「衛門三郎」というよく深い長者が住んでいました。
ある日、みすぼらしい格好の僧が門前に来ました。
托鉢の僧でしたが、衛門三郎は、托鉢を取り上げて、
投げつけてしまいました。その僧は、弘法大師でした。
その後、8人の男の子が次々と亡くなってしまいました。衛門三郎は、罪を悔い改めて、弘法大師に会うため、家を捨てて四国巡拝に出ます。

ところが四国をいくら回っても弘法大師に会うことは できませんでした。
そして、21回目。衛門三郎は阿波の国(現在の徳島県)焼山寺の麓で病にかかって倒れてしまいました。起き上がることもできなくなった時に、突然、衛門三郎の枕元に弘法大師が現れて、衛門三郎の手に、「衛門三郎」と彫りつけた一寸八分の石を握らせました。
そして、「おまえの罪は許された。河野一族の子に生れ変るであろう・・・。」と弘法大師が告げたため、衛門三郎は、安心して息をひきとりました。

その後、河野家の城主の子が生まれましたが、
生まれた時から決して手を開かないため、安養寺(現在の石手寺)に祈念したところ、手を開いて、この石が出てきたそうです。
石を寺に納めて、寺号を安養寺から石手寺にあらためたのが、石手寺の名前の由来といわれているそうです。

18221606_775265192636535_6241358464160131558_n 18199360_775265205969867_1185554559200245152_n 18199335_775265195969868_5670028242923523466_n 18198624_775265209303200_1801757975711905162_n

一覧へ戻る

ブログ
2018.11.27 【長距離搬送も得意です!】
2018.11.27 【医療搬送のお仕事】
2018.10.14 【九州大学病院へ】
カテゴリ
お知らせ
ブログ
過去の記事
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年11月
2018年10月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月